スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪市北区の扇町公園の桜も、満開です。


今日の公園の人口密度は普段の200倍!

ちびっこが、元気に走り回ってます。


最近は、東南アジアでも日本の桜が大人気。

今年の年始に滞在したタイでは、桜模様の日用品や雑貨が溢れてました。

桜を背景に記念写真を撮る為だけに日本にきた
シンガポールの新婚カップルがテレビで取り上げられてましたが、

桜を愛でる心情は、万国共通なんですね~        

2014年扇町公園の桜_convert_20140402135144
スポンサーサイト

ボストンレッドソックス!

アメリカ大リーグで、ボストン・レッドソックスが、ワールドシリーズを制覇!

ボストンの本拠地での制覇は、95年ぶりの快挙だとか!

この大快挙に、田澤選手・上原選手の日本人選手が大活躍。

大阪出身の上原選手は、神がかり的な活躍でしたね。。 ホンマ誇らしい!


 ボストンは、私にとっても懐かしい街。 最後の税理士試験の終了後、

 自分へのご褒美&長年の英語コンプレックス解消のため、

 1ケ月間の語学学校の寮生活を体験したのですが、


 1ケ月やそこらでは、英語が上達するわけもなく、


 言葉の通じにくい土地での生活の難しさを痛感しました。 


  また、ボストンは、伝統的なアメリカ東部の街で、

  待ちゆく人のほとんどが、エリート風の白人だった記憶があります。

  
  ゆるーい短期留学でも大変だったのですから、


  腰据えて、仕事で成果をだし信頼を得るには、


  相当の苦労があるだろうと、想像します。


   上原選手は、アメリカのメディアでも大絶賛されてましたが、

   チームメイトとの友情も深く、練習の場に顔を出す、息子さんも

    すっかり人気者だとか!


  故郷を飛び出し、その地とチームに溶け込み、実力を発揮し、

  
  信頼を勝ち得た選手たちって、凄すぎますね~  尊敬!
 
  
  
 

theme : つぶやき
genre : 日記

ネットを使った最近の中学校の授業風景にびっくり!

新聞記事の写真は、ある中学校の英語の授業風景だとか!

1人1台パソコンが与えられて、決められたテーマについて

ネットで調べてディスカッションするのだそうだ・・・。

バリバリのジャパニーズイングリッシュで「ディスイズアペン」

なんてやってた私の時代の英語の授業との差に、

おばちゃんは羨ましいやらびっくりするやら・・。

きっとこの授業は、英語云々はともかく、膨大な量の情報からいかに

自分に必要な情報を探し出すかかの能力を引き出すためにあるのでしょう。

 生徒さんは「使いこなすのは大変だけど、ネットは一番知識量の多い教科書だ」

と言ってるそうだ・・

10代のころからこのような訓練をしているから、

きょうーびの若者は、情報の取捨選択の能力も優れてくるやろなあ!


大人も負けてられませんね。

せっかく、誰もが情報を平等にとれるネット社会に

生きさせてもらってるのだから、仕事や生活に上手に役立てないともったいない!

と、改めて痛感したのでした (新聞記事は、日本経済新聞 9月25日朝刊より)

120926_1327~01

theme : 日記
genre : ビジネス

6月です~

早くも今年も6月!会計事務所業界は、年明けからの繁忙期からち​ょっと一息つける時期・・・。この時期こそ、じっくり腰すえて、​社会の動き・既存の仕事やり方・今後の展望など、見つめなおす時​期にしたいです~
淡路島・奇跡の星の植物館
写真は、淡路島の奇跡の星の植物館のあじさいです!

theme : ビジネス
genre : ビジネス

ミャンマーに行く方へのお勧め本

このところ日本企業のミャンマー進出がかなり活発になってますね。

ついに年内には、コンビニが開店するそうで、ちょっと寂しい気分


私がミャンマー旅で読んだ次の2冊は、現地でお仕事される時に

きっと役に立つと思うので、紹介します!

まずは「ミャンマーの柳生一族・高野秀行氏著」

ミャンマーは軍事政権、と言うと何やらおどろおどろしいが、

日本の江戸時代と思えばいいと…。この視点からミャンマーの重要な人物を

日本の江戸時代の実在の人物に例えて説明していて、これがなんともわかりやすい!

またこの本は、次に紹介する船戸氏小説・取材旅行で、通訳として同行された

体験がベースなので、ミャンマーの今のリアルな人間像にも触れる事ができます。

少数民族の村に単独で住み込んでの取材を実行した、氏ならではのミャンマー

への溢れる愛情も伝わってきます。


もう一冊は「河畔に標なく・船戸与一氏著」

ハードな船戸ワールド炸裂ですが、ミャンマーの少数民族問題の根深さに、

胸が詰まります。小説ですが、ある意味非常に現実を表してるように思いますー。



お二人は、早稲田大学・探検部の先輩後輩。

これを読んで、早稲田の探検部にめちゃ憧れました

ミャンマーおすすめ本

theme : ミャンマー
genre : 海外情報

プロフィール

しらいけれいこ

Author:しらいけれいこ
大阪で税理士事務所をしている玲子です。中小企業の社長さんたちに喜んでいただけるサービスを心がけて、日々奮闘中です!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。