スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時価会計の凍結って?!

今年、世界を襲った金融危機・・・。今年の年の瀬は、例年にも増して、厳しい風が吹き荒れています。そんな市場が大混乱している秋も深まった10月末「時価会計の一時停止」が認められたというニュースを聞き、驚いてなんども耳をほじくり返してしまいました。 あれだけ時価会計の導入を各国にせまっていた欧米諸国が、金融危機で時価会計の継続がしんどくなり、「時価会計の凍結」を提唱したっ!?えぇそんなんやったら、いい点数のテストだけ親に見せて、赤点のテストは破いて捨てる子供と一緒やんか 汗;

12月20日付の日本経済新聞「大機小機」というコラムにも「時価会計は二枚舌か」という記事がでていました。「混乱した市場では時価は真の価値ではない」という認識を首尾一貫させるためには、今回の場合とは逆に大きく上昇した場合にも、時価会計は不適切という新しいルールを作らなければ、二枚舌的になっていまう」という内容でした。 

まったくです。

私が初めて税理士試験の受験をしたときに勉強した「財務諸表論」でも、「まだ実現していない利益=評価益」を計上することは、会計の原則論に反する。と習ったと思います。

また、私たち税理士が作成させていただく中小企業様の決算書は、税のルールに従う場合がほとんどなので、一部の例外を除き、「取得原価主義」が大原則です。なので評価の下がった資産にも課税され、なのに融資の審査の場合は、時価にひきなおした価値で融資の判断をされるという現実もあるのです 汗あせ

世の中のルールがあまりに「大きなものの都合ばかり優先」とならないことを願いますねえ。。。

スポンサーサイト

theme : 会計・税務 / 税理士
genre : ビジネス

プロフィール

しらいけれいこ

Author:しらいけれいこ
大阪で税理士事務所をしている玲子です。中小企業の社長さんたちに喜んでいただけるサービスを心がけて、日々奮闘中です!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。