スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成23年度税制改正のゆくえ

平成23年も、早くも半分が過ぎ、7月半ばとなりました

税制(税金のルール)の世界では、今年は

異例中の異例の年と、なっています



毎年のように改正される税法ですが、通常は、

前年の年末に、改正の案がまとまります。



そして、その案は、年明け3月の国会で審議され

法案が通過し、4月から改正案が施行されるという

段取りとなっています。



しかし、今年は、3月に大震災、そして国会は「ねじれ」・・。

そのため、22年の年末に出された税制改正案は、

宙ぶらりんのままになっていました



そして、6月になり、宙ぶらりんの改正案は、大きく2つに

わけられました。



6月30日に本決まりとなった内容と、

そのまま先送りされた内容とにわけられたのです。



23年の改正案は、法人税の引き下げ、相続税の改正、

高額所得者の増税、退職金課税の見直しなど、

 重大なものが多かったのですが、

 それらはみな、先送りとなりました。



 そして、消費税の免税のルールなどの見直しや、

 雇用促進税制などだけが、6月末の段階で

 確定となりました。

  

  この本決まりとなった、法律の名称が、また、

 タイヘンな感じなのです。

 「現下の厳しい経済状況及び雇用情勢に対応して、

  税制の整備を図るための所得税法等の一部を

  改正する法律案」  

  

   早口言葉ではありません。。。



   6月30日に施行となった改正の概要は

         →   こちらからどうぞ  

                  

スポンサーサイト

theme : 会計・税務 / 税理士
genre : ビジネス

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しらいけれいこ

Author:しらいけれいこ
大阪で税理士事務所をしている玲子です。中小企業の社長さんたちに喜んでいただけるサービスを心がけて、日々奮闘中です!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。