スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「決断できない日本」元アメリカ国務省・日本部長 メア氏 著 

 あの、「沖縄は、ゆすりタカリの名人」発言で、
有名になってしまわれた、メア氏の著書を読みました。

 問題になった発言ついては、「基地問題に横たわる
補助金のシステムそのもの問題点」についての講義が、
あのような日本語の表現による記事になったようですが、
良し悪し及び真偽は別としても、日本のメディアでは、
デリケートな問題なのか、
このような取り上げ方をしないですよね。。

 著書ではこの他に、東日本大震災の、
日本支援のチームの調整官として活躍された経験談も詳細に
書かれており、原発事故の対応など、興味深いものが多くあります。

 この本の中で、私が一番衝撃的だったのは
(この本の主旨からは外れますが)
大震災の日本支援チームで、最初に守るべきルールとされたのが、
「普段の勤務体制と同様の勤務時間とすること」だったことです。 

過去の経験から、「疲れると良い判断ができなくなる」
というのが、理由だそうで、きっちり、三交代制が守られたそうです。
やはり、なんやかんや言うても、アメリカの偉い人たちって、
めちゃめちゃ合理的ですね。。

 そして、その世界でもっとも合理的な人間のうちのお一人が、
愛を込めて指摘されている「日本のよくないところ」は、
「失敗を怖がりすぎている」というところでした。 

これについては、私の尊敬する宋文洲さんも、
同様のことを著書で述べておられました。

 日本を愛してくれている外国の方(メアさんも、宋さんも奥様が日本人なのです)
からみれば、失敗が許されない、失敗を恐れすぎている日本社会は、
不可思議以外の何ものでもないのでしょう。。。。

 この本、予想外に売れていて、話題の本になっているそうです。
外の人の意見に飢えている日本人が、増えたということでしょうかね?
スポンサーサイト

theme : 読んだ本
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しらいけれいこ

Author:しらいけれいこ
大阪で税理士事務所をしている玲子です。中小企業の社長さんたちに喜んでいただけるサービスを心がけて、日々奮闘中です!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。